受注が取れるオンライン商談のコツ【営業必見】環境準備編

スキル

あなたはオンラインでの営業にお悩みですか?
私も恥ずかしながらコロナで在宅勤務になった2020年4月からオンライン営業を始めました。初めの頃は画面共有に手こずり、社内のしょうもないチャット画面を気づかず10分ほど共有してしまったこともありました。
そんなところから自分で手法を手当たり次第探り、オンライン営業関連の企業に問い合わせサービス営業を受けて実践した結果、

1ヶ月あたり10%だった受注率を20%まで引き上げることができました。

その際に集めた情報を、あなたが今日から実践できるようにお伝えしていきます。
こちらの記事ではまず環境準備のためにやることをまとめました。
是非実践してみてください!

環境準備のために必要なこと

以下に必要なことを項目毎に分けて考えていきます。

映像チェック

  • 自分の見え方を本番と同じ環境で確認しましょう。背景も含めてあなたの印象です。
  • メモを取る時や画面を見る時、目線が下がりがちになります。話すときははなるべくカメラを見ることを意識しましょう。

カメラ・ライト

  • カメラが曇っていたり粗かったりしていないかを確認
  • 顔が暗いときは女優ライトで明るく見えるように確認

また事前に、自分がどう見えていて、自分の声がどう聞こえているかを確認しましょう。
見栄えと音声の聞き取りやすさはプレゼンをスムーズに行う必要不可欠な配慮です。
カメラは映像が綺麗で、PCにクリップ式で固定できるタイプを選びましょう。
女優カメラは1つだと顔の半分が影になってしまうものもあるので、2つ装着がオススメです。
オススメのカメラと女優ライトはこちらです!

クリアな音声の確保

  • 自分の声が実際どう聞こえているのかは自分でチェックしないとわかりません
  • 大きすぎても小さすぎてもプレゼンに集中できなくなります。万全な状態にしておきましょう

ヘッドセット

  • 周囲の雑音や話し声が入ってしまわないよう、ノイズキャンセリングが付いたものがベスト
  • 長い時間付けるため、付け心地も重要です

映像だけ動いていて、音声が全く聞こえない…なんてこともよくあります。
このタイムラグが、お客様の熱を冷ましてしまいます。
そのためにマイクの質は非常に大事になってきますが、色々試してたどり着いたのが、
こちらのマイクです。周囲の音も聞こえない上に、とてもクリアな音となっています。
是非お試しください。

カレンダー自動予約ツール

複数のお客様に自分の空き日程を送っているうちに日程が埋まってしまうといったことはありませんか?
カレンダー自動予約ツールを導入しておくと、自動でカレンダーから空き日程を抽出してくれるため、お客様とのアポ日程の工数が半分以下になります。

・youcanbookme
・Biskett.me
・eeasy
・Timerex

オンライン商談はスピード対応が生命線。
リアルタイムで移り変わる予定の中で、なるべく早くアポを設定するために役立ちます。

事例・URL準備

テキストやリンクを瞬時にお送りできるオンラインの特性を活用しましょう。
お客様に質問を聞かれた時にぱっと出せるようにしておくことがオンラインにおいての「デキる営業マン」です。

事例やよくあるFAQを単語登録

お客様にみて欲しいURLやテキストで見てもらった方が伝わりやすい内容を単語登録し、変換時にぱっと出せるようにしておきましょう。

プレゼン時に必要に応じてチャットで送信

必要に応じてWEB会議システムのチャット機能を使用してお客様に送信しましょう。

いかがでしたでしょうか?
是非あなたもまずは環境を整えるところからスタートしてみてはいかがでしょうか?
準備が整ったら、今度はオンライン商談用の資料を用意していきましょう。
資料準備編についてはこちらの記事にまとめていますので、是非覗いてみてください。
今回もお読みいただきありがとうございました!