何のためにセミナーに通っているんだっけ?ふと疑問に思った人に読んで欲しい。

ビジネス

「とりあえず」成長のためにセミナーに通う…実態がわからないままスクールやネットワークビジネスに手をつけてしまう…といったことを繰り返している自分から卒業したい!と思っているあなたへ。色々なことに興味があってすごくいいことだということを忘れないでください!とはいえ中途半端に流されるままに続けるというのは気持ち的にもきつい部分がありますよね。

私も20代後半ではありますが、既に様々なセミナーやスクールに通っては辞めるといったことを繰り返してきました。ですから、今なんとなくセミナーやスクールに通い続けている人へ客観的にアドバイスをさせていただきます。

現状把握をする

あなたは今何ヶ月、または何年同じセミナーやスクールに通っていますか?

そして通い出した当初から、何か形として成長できるものはありましたか?

もしもそれが全く見当たらないのであれば、今すぐにでもそのセミナーやスクールを辞めましょう。

特に自己啓発系では、その場所が1つの居場所になってしまうことがよくあります。

私も運営側をしたこともありますが、居心地を良くして続けさせるような仕組みになっているのです。

当初は成功を夢見て入会した人も、いつしかそこに通うだけで、またその場所にいる人とつるむことで成功者になったような錯覚に陥ってしまうものです。私もそんな経験をしましたが、本当に怖いですよね。

高め会える仲間や環境は大切ですが、高め会うことが目的になってしまっては意味がありません。

今一度、そこの環境やスクールに飛び込んだ時に何を考えていたのかを思い出しましょう。

常に3つ目の視点・選択肢を持つ

そうはいっても、ハマりこんでしまっている時は何も見えなくなりますよね。

セミナーやスクールにハマりこんでしまうのは、結局のところ活躍できる場が他になく、なんとなくの人生を生きてしまっているからです。また選択肢がそれしかないと思ってしまうからです。

私も様々なことにハマりこんできましたが、その時は「これしか自分には無い!」と思い込んでしまっていました。例えば私の場合、リーダーシップを鍛えるスクール、人から人へ伝えていくビジネス(MLM)、ビジネススクール、意識高い系の集まり、会社選びetc…

中でもリーダーシップ育成のスクールや、何を教えてくれるわけではないセミナー等に通っていた時に関しては「次のセミナーに行かないといけない!人生を変えるんだ!」という思いに囚われていました。

人間は誰しも、特に男性の場合変なプライドが邪魔をするので、自分の選択に無理をしてでも胸を張ることがよくあります。もちろん自分の選んだ道を正しくしていくという観点では良いことではありますが、間違った方向に進んでいても、「自分が絶対正しいんだ!」といった感じで。周りの音を受け付けません。

私が目が覚めたのは、実は「第三の選択肢」を見つけた時でした。

本業とMLMにハマっていた時に、ふと友人が教えてくれたYouTubeの動画で、ある経営者がこれまで受けてきたセミナーとは真逆のことを言っており、ふと客観的に自分を見つめ直しました。

自分のこれまでの行いや、このままそのMLMを続けた先に未来があるかどうかを考えるようになりました。

その時に、世の中には様々な考え方やビジネスがあり、1つのことにこだわる必要は無いなと思ったのです。

また方法論ばかり唱えていたセミナー、またそれに同意しかしていなかった自分が、何のスキルも得ていないことに気付き、本当にむなしい気持ちになったのを今でも覚えています。

私はたまたま友人が動画を見せてくれたので良かったですが、自分で難しい場合は近しい友人や先輩、できれば自分と似た感覚ではない人からのアドバイスを受けてみると新たな視点が広がり自分のやっていることを客観視できるようになります。

ですからもし今少しでも今後に対して不安がある人、そうではなくても真逆のことをしている人に相談してみることを強く推奨します。

とはいえやらない後悔よりやる後悔

とはいえ、恐れていては何も状況は変わらないですし、「やらないよりはやった方がいい」のは確かです。私も誘われて行ったセミナーで人生の軸となるものを得られることもできましたし、そういった意味ではとても感謝しています。

ただ、結局はそのセミナー、また登壇者の言葉をもらった後に自分が何をするのかといったことが1番重要です。当たり前の話にはなりますが。ですから良い話だったなぁ〜という風に終わらせるのではなく、その後あなたが何をするのか?といったことが1番重要なのです。

ハマっていると忘れがちですがその点だけは覚えておいてください。

気をつけるべきセミナー

もし仮にあなたがこういった話に乗っかろうとしているのであれば注意が必要です。

「資産形成」「不動産投資」「配当金が5%以上の投資話」「仮想通貨」「不労所得」

特に配当金が5%以上の投資話については、若者を中心に流行しています。いわゆる「ポンジスキーム」というものです。

ポンジスキームとは、以下のような意味です。

ポンジ・スキーム: Ponzi scheme)とは、詐欺の一種。「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、実際には資金運用を行わず、後から参加する出資者から新たに集めたお金を、以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用によって利益が生まれ、その利益を出資者に配当しているかのように装うもののこと。投資詐欺の一種に分類され、日本語で「自転車操業」と呼ぶような状態に陥り、最終的には破綻する。

Wikipedia

このような手口を使い、自称成功者が成功を唄い若者の貯金から数万円を出させるのです。

始めは配当金を渡すことで、しっかりとした経営をしているように見せます。その後「もっと投資すれば利益もたくさん出るよ!」といったような手口で徐々に投資金額を上げます。またねずみ講のような形式で、友人を誘うことで配当金を増やし、出資額を大きくさせていきます。そしてピラミットの頂点に君臨する人が突然姿を消し、出資金として集めたお金をうまく持ち逃げするのです。

タチが悪いのが、契約書といったものはほとんどの場合存在していないので、罪に問われることもなく終わってしまいます。

こうした実態の無いビジネスにより若者が次々と騙されていくのです。

というより投資はお金の無い若者が絶対に手を出してはいけません。何か事業等でお金を運用できるようになってから、お金をどう運用していくかといった段階になってからするものです。

ですからまずは足元を見て、一歩ずつ積み上げていかなければなりません。

結局はスキル

ここまで説教のように色々書いてきましたが、もちろんこれだけでは終わらせずに、解決策も提案させていただきます。

セミナーやスクールで、どんないい話を聞いて視界がクリアになる感覚が得られても、結局はあなたに何かしらの「スキル」が備わっていないと何も成し遂げることはできないのです。

そしてスキルを掛け算していけば出来ることは増えますし、それと共にチャンスも増えます。

セミナーに通って学んでいた側から、教える側になっていくことができます。

ただし、実際に働きながら何をするべきかがわからないといった人は多いように感じます。

特に大学を卒業し社会人になって数年の方はそう思うことも多いでしょう。

そういった方がやるべきことは結論、「今の仕事に役に立つこと」に限ります。

仕事ができるようになれば、どんどん新たなチャレンジができるようになります。また給料も増えます。さらに身につけたスキルで副業をすることだってできます。

私がまず初めにお勧めするのは、3つのスキルアップです。

1.タイピング能力
2.ライティング能力
3.データ処理能力

この3つのスキルの向上です。

これらの具体的な方法は、こちらの記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。

つまり、究極的には、このブログを読んだだけでは人生は何も変わりません。

あなたの身になるスキルを身につけて初めてこの記事を読んだ意味があるのです。

これまで考え方だけに終始していたあなたが、実際に手を動かしてスキルアップすることでこれまでと違う景色が見えるようになれば私自身は大変嬉しく思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!