人材業界の志望動機と面接対策

ビジネス

人材業界で就職してみたいけど迷っているあなた。
現役人材業界の求人営業マンの私が嘘偽りなく解説していきます。
なるべくフラットな立場から書きましたが、少しばかり意見に偏りがあると思いますので、一つの意見として見ていただければ嬉しい限りです。

今回は就職する前の志望動機・面接についての記事です。
この記事を読み終わった後には志望動機もすらすらと書け、自信を持って面接に臨むことができるはずです!

人材業界の志望動機について

志望動機を作成するにあたり、業界研究をするだけでは不十分です。人材業界の基本知識を身に付けることは最低限必要のレベルであり、それだけで選考を勝ち抜いていくのは難しいことでしょう。

選考を勝ち抜いていくための志望動機を作成するためには、まず志望動機の書き方をマスターすることが大切です。志望動機は書き方ひとつで印象が大きく異なります。人事担当者の心に響く志望動機の書き方を勉強し、突破できる志望動機を作成しましょう。

①なぜ人材業界なのか

志望動機を作成するためには、その業界でなければならない理由をアピールすることが大切です。人材業界を志すのであれば、なぜ人材業界なのかを明記していきましょう。人材業界を志した理由を考えるためには、人材業界でなければならない理由を考えることが大切です。他の業界ではできない、人材業界でしかできないことを考え、それを志望動機へとつなげていきます。

人材業界は人と関わる仕事であり、企業と人をつなぐ仕事です。「企業と人材のマッチングを通じて双方のメリットを生み出したい」「雇用を創出することでより多くの人の幸福を実現したい」などさまざまな理由が考えられます。人材業界だからこそ実現できることを挙げ、業界を志望する理由を明確に伝えていきましょう。

②その中でもなぜ該当企業なのか

なぜ人材業界を志望するのか、その理由を伝えたら、今度はその中でもなぜ該当企業を志望するのかを明記しましょう。人材業界の中にも数多くの企業があるので、それぞれ特徴や強みに違いがあります。人材業界の中でなぜその企業なのか、その企業でないといけない理由は何なのかを伝えることが大切です。

企業を志望する理由がしっかり伝えられていないと、人材業界であればどの企業でもいいと思われてしまう可能性があります。どの企業でもいいと思われてしまうと、志望意欲をアピールすることができず、結果的に選考で不利になります。その企業の特徴や強みを踏まえた上で志望理由を伝え、企業への入社意欲が高いことをアピールしていきましょう。

③企業のホームページを読み込む

面接で「弊社のHPをご覧になりましたか?」と聞かれることはよくあります。企業にとってHPは、企業の宣伝でもあり顔でもあることから、試行錯誤の上で作成されているものです。企業のHPには会社の所在地はもちろん、沿革や社長メッセージ、更には企業理念や社員の心得などが記載されています。

現在では人材募集をHP上で実施している企業がほとんどです。その企業にはどんな歴史があり、どんな目標、目的を持って歩み、社員ひとりひとりがどんな心得で仕事に専念しているかがわかるはずです。また人材募集のページの中には「求める人物像が記載されていることもありますので、企業のHPを読み込むことは重要です。

④会社説明会に参加する

企業の会社説明会は就活生にとって、非常に重要になります。会社説明会では、「どんな仕事をしているのか」から始まり、何をモットーに取り組んでいるのか、どんな成果があるのか、売り上げや社員の雰囲気、何に力を入れているか等、さまざまな「生の声」を聴くことが出来ます。

企業が伝えたいことを凝縮して就活生に伝えているため、志望動機にしやすい内容が多く含まれていると言えます。会社説明会の中では、社員の方が実際に話をすることもあるので、社風を知ることができます。質問できる時間を設けていることもあります。今はWEB説明会等で気軽に参加ができるので、参加しておけばプラスとなることが多いでしょう。

OB訪問で多くの話を聞く

OB訪問では込み入った話を聞くこともできるため、就活生は早めに行動をし、OB訪問をすることをオススメします。

OB訪問は大学などの先輩で、興味のある業界や企業に実際に就職している人を尋ね、どういった業界なのか、どのような企業なのか、働いている社員の言葉として、率直な意見を聞くことが出来ます。

もちろんその人によって感じ方は違いますが、企業が説明などで積極的に表に出す面とは違い、良い点も悪い点も含めたリアルな声を聴けることが魅力的です。OB訪問での企業研究はよく行われており、現在は遠方にいるOBもWEB上で対面することができるので、より気軽な方法となっています。

新卒ではなく中途入社の場合は友人経由で人を探したり、SNS上で繋がって時間をいただくといったことも増えてきています。

志望する職種

人材業界の職種は、先述の通り様々な職種に分類されます。

求人媒体の営業、制作、ライター。また人材紹介部門の営業やキャリアコンサルタント等が挙げられます。

それぞれの特徴を理解した上で、ビジネスモデルや各職種ではどんな仕事をするのかを明確に理解しておく必要があるでしょう。また新卒では総合職として一括採用をしている企業がほとんどなので、

面接まで進んだ場合には希望を伝えつつ、どんな職種になっても活躍できるようにしておく必要があります。「〇〇の職種じゃないと嫌です!」という場合は採用企業側からすると採用しづらくなる場合があるので、中途半端に発言するのは気をつけましょう。

どのように貢献するか

人材業界を志望する理由、またその中でも該当企業を志望する理由を伝えたら、そこで自分に何が貢献できるのかも伝えていくことが大切です。志望動機では企業への入社意欲や仕事に対するやる気を伝えることが大切です。しかし、気持ちだけでは企業で活躍することはできません。(やる気だけで採用しているところも実際はありますが)

活躍するためには、特に中途採用の場合は「何ができるのか」といった能力が必要ですので、企業でどのように活躍できるのか、貢献できることは何かを伝えていくことが大切です。

ここで注意ですが、「志望動機は自己PRの場ではない」ということです。

何が貢献できるかを伝えようとする気持ちが前面に出るあまり、自己PRになってしまう人が多くいます。志望動機と自己PRは全く別物ですので、自身の能力をアピールすることばかりを考えず、仕事への意欲と貢献できることをバランスよく伝えていきましょう。採用側は入社後どう活躍するかを想像しながら話を聞いています。

入社後の展望

志望動機の内容に入社後の展望を書く場合は「入社後は○○の業務に携わって〇〇に貢献したい」など、どんな仕事をしていきたいか、入社出来たらどのように会社に貢献していきたいかを明確に書くことが大切です。また、自分の持つ能力を交えて入社後の展望を書くと、志望動機に説得力が生まれなおいいでしょう。

例えば、海外留学した経験がある場合、苦労したことや困難だったことを取り上げ、その克服のために努力したことを伝えます。そして、身に付けたスキルや英語力を入社して活かしたいと今後の展望を書くという流れです。

人材業界の面接対策

人材業界の特徴として、面談や面接が3〜4回あり、多いところだと5回を超えることもあるようです。

これは人材業界が無形商材(実際に何かモノを売るわけでは無い)であるが故に、「誰が売るのか」という要素が非常に大事だからです。

先ほども記載した通り、向いている向いていないはほとんど関係ありません。

ただし、どんな人間性にしても一貫性があるのか?という点は見られています。

面接も複数回あるため1回目と2回目で言っている内容に相違がある場合は、深く聞かれる可能性もあるので注意が必要です。

人間性をアピールするためにも最低限仕事内容を理解していなければなりませんので、鉄板トークを紹介します。また続けてよく聞かれる志望動機も紹介します。

鉄板質問①

「うちの事業はどんなことをしているかご存知ですか?」

最低限事業内容を理解しているのかを聞いています。深く考えずに返しましょう。

「はい。御社は求人媒体の代理店事業をしております。お客様となる企業の課題を人という入り口から解決することが目的です。また御社は様々な求人サイトを扱っているため、よりそれぞれの企業の課題に合わせた提案ができる点が魅力と感じております。」

事業内容を調べた通りにしっかりと伝えた上で、自分がどこに魅力を感じたのかを伝えられれば問題ないかと思います。

またその後の質問の想定です。

「そもそもなぜこの業界を目指そうと思ったの?」

「お客様への提案であなたが活かせる強みはなんですか?」

というところでしょう。その後深く人間性についての質問に移行していきます。

「そもそも将来どうなりたいの?」

よくある質問ですね。人材業界は厳しい世界なので、将来的に「どうなりたいのか」「どうありたいのか」

という、人生観にまつわる話をすることが多いですね。

また最後に改めて該当企業に入った時に何を成し遂げたいのかを聞かれるケースは多いです。

「入社してから成し遂げたいことはありますか?」

といった内容です。回答例を記載してしまうとその通りに発言してあなたの個性を潰してしまうことになりますのでここでは記載しません。また面接官はテンプレートのような回答に魅力を感じないので、

あなたの原体験も含めた魅力的な志望動機や入社後のイメージを答えていただければと思います。