【人の幸福は長続きしない!?】ヘドニックトレッドミル現象(快楽順応)から分かる快楽の仕組み

心理学

 

ヘドニックトレッドミル現象という心理学用語を聞いたことはありますか?

ヘドニックトレッドミル現象

一度感じた幸福感は、時間とともに薄れていくという現象。

ヘドニックは日本語で「快楽」、トレッドミルは「ランニングマシン」のことを指し、直訳すると「快楽のランニングマシン」という意味になります。

宝くじ当選者への心理学実験

アメリカで行われた「宝くじの高額当選者の幸福度の変化」に関する調査で、宝くじに当たった直後は「以前より幸福になった」と全員が回答しましたが、1年後同じアンケートを行ったところ、ほとんどの人が「以前と変わらない」と回答したそうです。

宝くじに当たればその後の人生がより楽しくなりそうなものですが、実際はそうでもないことが心理学実験によって提唱されています。そして、その理由こそ「快楽の慣れ」によるものだと唱えたのが心理学者「Michael Eysenck」です。

幸福が長続きしないとは

例を挙げると、以下のようなものも「ヘドニックトレッドミル現象」であると考えられます。

  • 新しい車に買い替えるときの1回目と10回目
  • 好きな食べ物を毎日食べたときの1日目と10日目

一時的な幸福の増減は様々な場面で経験されますが、時間とともにニュートラルなレベルに戻っていきます。そのため、新しい車に買い替えた直後は著しい幸福の増加を感じることはできますが、暫くすると幸福感は買い替える前と同じになります。通常状態の幸福レベルが上昇するのではなく、一時的な上昇であるため、薬物による一時的な快楽と仕組み上は同じということです。

同じような心理学用語に「順化」というものがあります。

馴化

ある刺激がくり返し提示されることによって、その刺激に対する反応が徐徐に見られなくなっていく現象。

  • パチンコ屋に入って、最初はうるさいと感じていたが、暫くするとうるさいと感じなくなる。


身体的刺激に対し、反応する必要が無いことを学習したために反応が低下していきます。
パチンコの例で言えば、最初は「大きな音=危険」と思っていたものが、危険ではないと学習されたことにより驚かなくなったと考えられます。

 

お金で幸せは買えない

人には様々な身体機能が備わっています。
それらは本来、進化の過程で身につけていった「生きるために必要な機能」です。

「幸福」は、何度同じ刺激を与えても同じように感じることができた方が幸せのように思ってしまいますが、複雑な環境、身体の作りをした我々は、快楽による急激な幸福感の上昇には感じづらくなる方が都合が良いのかもしれません。

ヘドニックトレッドミル現象は、「お金で幸せは買えない」ということを証明しているような現象です。「資本主義」がもたらす消費欲求とは違った、別の形で得られる幸福を私たちは見つける必要があるのかも知れません。